クレア・いのうえさんが女王に 北加桜の女王プログラム

女王に選ばれ、祝福を受けるクレア・いのうえさん(右端)左端から、ファースト・プリンセスのケリーみどり・東間さん、ジュリアン愛子・ホーさん、英美すみれ・カナジャンさん、神千恵子・児玉さん。(写真提供=ウイリアム・リー)


北加桜祭りを華やかに彩る「桜の女王プログラム」が4月7日夜、サンフランシスコ・マリーナ地区の「Fort Mason Center for Arts & Culture, Cowell Theater」で開催され、女王にクレア・アン・いのうえさんが輝いた。

いのうえさんはデービス出身で、カリフォルニア大学デービス校の水系科学センターのジュニア専門家として現在働く23歳。自然保護などに興味があり、日系コミュニティーの団体が主催した地域清掃活動に参加したことで、地域社会の結束の強さを感じたと話していた。

次点のファースト・プリンセスに輝いたのはケリー・みどり・東間さん。サンマテオ出身で、グーグルのテクニカル・プログラム・マネージャーとして働く26歳。より多くの女性がSTEM(科学、技術、工学、数学の総称)分野で活躍することを願っていると話し、当日のプログラムでは、戦時中にハートマウンテン日系人収容所に収容された祖母の絵を披露し、絵画を通じて歴史や物語を伝える重要性を伝えた。

女王とファースト・プリンセス、そして同プログラムに参加したジュリアン愛子・ホーさん、英美すみれ・カナジャンさん、神千恵子・児玉さんの合計5人は今後一年間を通して、北カリフォルニア日系社会の代表としてボランティア活動や日本も含めた他日系社会を訪問する。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *