In the Media

Read news coverage of the Nichi Bei’s innovative mission and accomplishments.

  • , ,

    Four S.F. J-Town establishments approved for Legacy Business Registry

    |

    Four San Francisco Japantown establishments ? Kinmon Gakuen, Nichi Bei Foundation, National Japanese American Historical Society and Yasukochi’s Sweet Stop ? were among eight businesses and nonprofit organizations unanimously approved […] READ MORE

  • , ,

    Calif. Civil Liberties projects announced

    |

    SACRAMENTO, Calif. — The California Civil Liberties Public Education Program announced in a statement May 2 that 29 California groups will receive funding for projects to remember the wartime incarceration […] READ MORE

  • , , ,

    Nichi Bei celebrates five-year milestone

    |

      The Nichi Bei Foundation, publisher of the nonprofit community newspaper Nichi Bei Weekly and presenter of the Northern California Soy and Tofu Festival, held its Fifth Anniversary Celebration Oct. […] READ MORE

  • Special Announcement: Nichi Bei Foundation receives its own 501(c)(3) status

    |

    On behalf of the board and staff of the Nichi Bei Foundation, we are pleased to announce that we have finally received our own 501(c)(3) tax exempt status from the […] READ MORE

  • , ,

    Nichi Bei Foundation receives large grant from The Henri and Tomoye Takahashi Charitable Foundation

    |

    The Nichi Bei Foundation — an educational nonprofit organization dedicated to keeping the Japanese American community connected, informed and empowered — recently received the largest grant in the three-and-a-half-year-old organization’s […] READ MORE

  • 2010 Nichi Bei Foundation Day with the Oakland A’s

    |

    2010 Nichi Bei Foundation Day with the Oakland A’s
    2010 Nichi Bei Foundation Day with the Oakland A’s

    Nichi Bei Foundation Day was held on Sept. 6, Labor Day, at the Oakland Coliseum. The game featured the Oakland A’s facing down the Seattle Mariners. Pre-game festivities included grilled hot […] READ MORE

  • RJC Awards Grants to Three Bay Area News & Technology Experiments

    |

    Post by Whitney Wilcox on February 10th at 12:58pm on rjcmedia.org, the Web site of the Renaissance Journalism Center “The Renaissance Journalism Center has awarded $20,000 grants to three Bay […] READ MORE

  • Renaissance Journalism Center Awards $20K to Nichi Bei Foundation

    |

    The Renaissance Journalism Center (rjcmedia.org) today announced that it awarded a $20,000 grant to the Nichi Bei Foundation, nonprofit publishers of the Nichi Bei Weekly. The grant, one of three, […] READ MORE

  • Kyodo News

    |

    伝統の日系紙、歴史に幕  米加州、ネット普及で 10/26/2009 米カリフォルニア州北部で戦後最も長く発行されてきた日系紙「日米タイムズ」が9月で廃刊した。サンフランシスコを中心に日系人の情報源として貢献してきたが、インターネットの普及などに加え、日系社会の変容もあり、広告や購読者が減少、創刊から約63年の歴史に幕を閉じた。 サンフランシスコは19世紀、米西部の玄関口として日本人が多く定住。市内のジャパンタウンは今も北米有数の日系人街だ。日米タイムズは、太平洋戦争中の米政府による日系人強制収容で崩壊した日系コミュニティーを再建しようと、戦前に日系紙を発行していた人々が中心となり、1946年に創刊された。 50~70年代は英語より日本語が得意な日系人が読者の中心。情報伝達手段が未発達だった時代に、日本や地元のニュースを報じる日米タイムズは貴重だった。創刊から5代目、最後の社長となった岡田幹夫さん(56)は「読者が『とにかく日本語が読みたい』と思う時代だった」と振り返る。 しかし90年代に入ると、ニュースや広告を掲載し、レストランや街角で無料で手に入る日本語のフリーペーパーの創刊が相次ぎ、ネットの隆盛で広告や購読者が減った。岡田さんは「英語しか話さない日系3世、4世がコミュニティーの中心になり、日本語の需要も低下した」と語る。 近年は日本語版を週3日、英語版を週1日発行していたが、70年代まで1万部を超えていた発行部数は年々減少。採算が合わなくなり、本社事務所の賃貸契約が今年9月末で切れるのを機に、廃刊を決めた。 8月に廃刊の社告を紙面に掲載。日本語版は9月10日付が最終号となったが、カリフォルニア州の財政難に関するニュースなどいつも通りの記事が紙面を飾った。 渡米から約35年間、日米タイムズを読んできた晴海三悟さん(59)は「現在の日系紙の読者は50代以上の中高年が中心。廃刊は残念だが、時代の流れだと思う」と受け止める。 編集記者や事務社員ら約15人はそれぞれの道を歩む。インターンから記者となり、今年結婚したばかりの森川広大さん(31)は「会社の苦境は知っていたが、こんなに早く廃刊の時期が来るとは」と悔やむ。今後は別の仕事を見つけるという。 英語版の編集長を務めていた日系3世のケンジ・タグマさん(40)は非営利団体を立ち上げ、新たな英字紙を出すと決めた。タグマさんは「大新聞が扱わない日系社会の話題を報じる意味はまだある」と強調した。(サンフランシスコ共同=砂田浩孝) (了) READ MORE

  • POINT OF VIEW/ Charles Burress: Ironic death for oldest Japanese paper abroad

    |

    The death of San Francisco’s Nichi Bei Times — which may have been the oldest surviving Japanese newspaper outside of Japan — represents the disappearance of a historic bridge between Japan and the United States. READ MORE

See the 2024 CAAMFest